Loading

BLOG

子供の学力を上げるために親ができること

今日はオススメ書籍について。

お子さん向けでなく保護者向けです。

私が経営している塾で、指導上大切にしている

・会話のキャッチボール ・勉強のメリット ・「その科目が何に役立つか」 ・その科目にまつわる自分の恥ずかしい話をする

・・・

目次に1つずつ目を通して該当するものを書こうと思いましたが、 ほぼ全部になりそうなので辞めました 笑”

お子さんが勉強に対して何かしらの「ブロック」があるとき、 原因は ・先生 ・親 ・友達

このいずれかの影響を受けていることが大半です。

親御さんが原因の場合、

「自分が勉強できなかったから子供には頑張って欲しい」 「自分がその方法でうまくいったから、それを子供に教える」 「子供が納得できていないことや、矛盾することを気づけば言っている」

このような、パターンで接していることが多いです。

お子さんが勉強をしない原因って何でしょうか? 「なんとなく」「めんどくさい」、 よく聞く言葉ではありますが。

これってどうすれば解消するのでしょうか?

その答えは、子供によって違います。 お子さんだけの答えがあるのです。 しかし、その「答え」、実は勉強以外にあることも少なくありません。

過去にあった話ですが、 「うちの親も帰ったらすぐスマホでゲームしてますよ、 それでゲームすんなとか意味わかりません」 と言う生徒がいました。

正論だと思いませんか? 子供は親のことをよく見ています。

子供は親の影響を大きく受けている

ここで言いたいことは、 「子供は親の影響を大きく受けている」ということ。

勉強方法に関しては塾や学校に任せるのがいいでしょう。 勿論自信がおありならご自身でされても構いません。

しかし、メンタルに関しては家庭でやるべき。 そこまでしてくれる親身な塾なんて早々ありません。 (だからこそ、私はそのような塾を運営していますが)

それは、どうしても時間も期間もかかる上、 改善しても評価されにくいからです。

私は勉強を通して人格が形成されると思っています。 是非購入して目を通し、そして実践されることをオススメします。

子供を変える「3つの要素」

子供のテストの点数が安定しない

関連記事

  1. 入試の25%が終了

    2017.06.24
  2. 点数を叱ることの弊害

    2016.06.28
  3. 半年で135点UP

    2015.11.26
  4. 部活から帰ってきて…

    2017.06.28
  5. ファンレターを頂きました。

    2017.09.02
  6. 宿題をやってこない

    2017.03.11
PAGE TOP