Loading

BLOG

宿題をやってこない

生徒たちに一週間後くらいにテストをするので覚えておくように、

と言って出した課題、全然やってこない生徒がいました。
本人言いましたからね、「あんまりやってない」と。

こんなとき、さくら柳塾では「どうやったらできるように、やるようになるか」と考えます。
この辺りは塾によって違うんでしょう。

「なんで宿題やってこないの?原因は?」
「んじゃそれはどうやったら解決できそう?」
「具体的に何の行動を変える?」

こういったやりとりをします。

仮に生徒が『宿題めんどくさいけやってこんやった』と言えば、
『なぜめんどくさいのか?』
『点数を上げるために勉強をする意志はあるのか』
『どれくらいだったらイヤイヤながらも勉強できそうか』
『どのタイミングだったら勉強する気になるのか』

こんなやりとりをします。

時間はかかりますが、こういう「自分で問題を解決する能力」を身に着けてもらいたいと考えているからです。

そして、それを達成させるためにサポートをします。
具体的には「アドバイス」ですね、こうしたらいいよーというもの。

ただ、そうはいっても「めんどくさい」が先に来る年頃ですので、
やっぱり行動を機械的にできるようにしないといけないのでしょう…

という訳で、各種「シート」を現在作成中。

参考書籍7冊くらいから、必要なところを参考にして、後はオリジナルの要素も加えて…
これで宿題をやってくるようになってくれればいいのですが。

やってみないとわかりません。
やってみないと始まりません。

何がきっかけになるかわかりませんから。

昨日、間接的にではありますが、
「先生と話した日を境に勉強のやり方が変わり、
受験した大学は全部合格できました。ありがとうございました」
とお礼の言葉を頂きました。

 

その子は塾生ではなく、知り合いの伝手でちょっと話をしたんです。

「このままの勉強で、東筑高校(地域のトップ進学校)は問題なく合格できると思うよ。自分でも正直、自信あるやろ?
でも、高校に入ってからはつまずくとも思う。今の勉強内容は簡単やけ何の問題もないんやけどね。
東筑は授業の質も高いやろうし、大学受験もそんなに甘くないよ。ついていけんくなるばい。」と。
そして、具体的に変えるべきところをアドバイスしました。

その結果、勉強に対する意識・取り組み方が変わったとのこと。

本人が納得して、そして自分で変わろうと思えば、本当に大きく変わることができます。

正直に言えば、通塾中にその成果が出るかどうかはわかりません。
本人次第です。

ですので、自己満足に依る部分が大きいです。

でも、子供の教育ってそんなもんじゃないですか?
自分が一番だと思うやり方で、変わって欲しい、将来に役立てて欲しいと願って、必死に伝える。
できる限りのことをしてあげたい、そうではないでしょうか。

という訳で、宿題をやるサポートになるように、シートづくりに精を出しております。

 

役立ててくれると嬉しいですね。

 

 

 

いよいよ明日は…

合格発表

関連記事

  1. 半年で135点UP

    2015.11.26
  2. 間違えることを恐れない

    2015.05.08
  3. 叱りました

    2015.07.28
  4. 四ヶ月で135点上げる塾の指導方針

    2016.02.17
  5. 福岡県理科入試問題分析

    2015.07.31
  6. いよいよ明日は…

    2017.03.07
PAGE TOP