Loading

BLOG

スケジュールって効果あるの?

IMG 0556

 

永犬丸中・沖田中学生向け学習塾、

「さくら柳塾」塾長の柳です!

 

 

 

金曜日、中3が全員(修学旅行中の生徒以外)自習に来てくれたので、

「スケジュール」を立てさせました。

 

 

翌日に感想を聞いてみましたが、

「書いた方が捗った」という生徒の割合は

 

 

 

 

100%!

 

 

 

でした!!!

 

 

 

書くのに多少の時間はかかりますが、

時間を無駄に使わなくなりますので、

絶対に書くべきですね!

 

 

 

 

さて、ここでスケジュールを書くときの注意点を2つ程。

 

 

 

1.やるべきことを全て書き出す。

試験範囲にやるべきことが書かれていますが、

それを全て書き出します。

 

自分が何をしなきゃいけないのかを再確認する作業です。

 

眺めるでなく、必ず書き出しましょう。

 

 

 

2.困難は分割せよ!

ルロイ修道士の名言ですが 笑”

(中3は国語でやっているハズ)

 

困難は分割せよ!

 

ワーク20Pとか無理!

やる気出らん!

時間どれくらいかかるか検討もつかん!

 

 

そんなときは、

じゃあ、ワーク見開き1ページ(2ページ分)だったら終わるのにどれくらいかかるのか。

もしくは、1ページ終わらせるのにどれくらいかかるのか。

 

その時間×残り で必要時間が大体出てきますよね。

その時間を1.2倍くらいしたものを予定時間にすればいいです。

 

 

見開き1ページに20分かかる

→20ページは見開き10ページだから、

 200分かかる

 

→1.2倍して、240分

 

→4時間

 

 

みたいな感じですね。

 

 

実行可能なレベルにまで落としこんで考えるという、

GTD的な考えに近いですね。

 

 

 

この2つを意識して書いていきましょう!

 

 

尚、「どの順番でするか」というのも非常に重要になってきます。

 

この辺りは性格が大きく関係してきますし、

授業との兼ね合いもあるので、塾生は相談してきてください。

 

 

塾生じゃない人は…

 

さくら柳塾においでよ☆ 笑”

 

 

 

 

では!

勉強ができない人と会社からいらないと言われる人の6つの共通点

家庭での国語の勉強方法

関連記事

  1. 性格に応じたアドバイス

    2016.10.19
  2. 内申点大幅UP

    2016.07.23
  3. 間違えることを恐れない

    2015.05.08
  4. 成績が上がらない4つの原因

    2016.04.05
  5. 集中

    2017.06.16
  6. 板書の時にボーっとしてないか

    2015.07.07
PAGE TOP