Loading

BLOG

即答できなきゃ「できてない」と同じ

いつまでやりよるんね

子供
いや、これがよくわかんなくて…

時間かかってできたやつはダメ。さっさと印つけて解き方確認、あとでまた解く!

さくら柳塾では
・さっさと解く
・わからないのは飛ばす
・解き方確認して、また解く

このような指導方針になっています。

一回解いたら終わり、ということはなく、複数回解くことを前提としております。

1回目は「定着・理解しているか」を測るためにやっている。
だからわからないところはさっさと飛ばす(それで目的を達せられる)。

じっくり考えた方が記憶に残る、それが本当の勉強、
お気持ちはよくわかります。

ただ、そうやって勉強を進めるためには
・時間的余裕
・学力の下地
・苦手意識がない
・周辺からの圧力がない
このような要素が必要です。

九九を覚えていない子が因数分解を解くことができないように、
応用問題を解くにしても、基礎の定着が不可欠になります。

そして、学校の授業の多くは、この「基礎」の問題になります。
だからこそ、時間をかけずに何度も解くことが重要と考えております。

まずは点数を取らせて自信を付けてもらい、
そこから興味が湧けば、自分で好きなようにやればいい。
まずは、学力の下地をつけ、勉強に対する抵抗をなくそう、

そのような考えで接しております。

もちろん、しっかり考えるべき問題(証明・図形・文章題など)もあります。
そういったときはさすがに即答ではありませんが…

この辺りは臨機応変でしょうか。

いずれにしても、「何をすべきか」がわかっていなければいけません。

という訳で、手が止まっていると…

◯◯!手が止まっとるばい!質問?

と、声をかけられます。

暗記事項に関しても、

即答できんやったら×!試験は時間があるんやけ、さっさと思い出せんと。◯したらそれは勉強せんくなるんやけダメばい。はいもう飛ばして次行って。ダメ〜

と言われることがあります。

短時間で思い出して正解

これ以外は勉強が必要。正解すればいいって訳じゃない。なぜなら、試験には時間が設けられているのだから。

このような方針です。

何故できないの?の正しい意味

テストのためでなく、自分のために勉強する

関連記事

  1. 何故できないの?の正しい意味

    2017.03.17
  2. テストのためでなく、自分のために勉強する

    2017.03.21
  3. 「わからない」を言えるように

    2017.03.21
PAGE TOP