Loading

BLOG

学校の先生に宣言する

IMG 0510

永犬丸中・沖田中学生向け学習塾、
「さくら柳塾」塾長の柳です!

 

 

先日、生徒が高校見学に行って来て

「微妙だった」

と言っていましたので、こんなアドバイスをしました。

 

 

学校の先生に宣言する!

 

「んじゃあ、明日学校の先生に

 

『先生、志望校微妙だったんで他の志望校考えてます。

志望校変わってもいいように一応勉強は一生懸命頑張ってしてきているんですけど、

同じような高校どんなところがあるか調べてもらってもいいですか?』

 

っち伝えとき!」

 

 

既に知っての通り、学校の成績は点数だけでは決まりません。

 

自身の中で明確な採点基準があり、完全に公平な評価をしてくださる先生がいる一方、

生徒への「印象」で評価をする先生もいらっしゃるかもしれません。

 

 

・「俺頑張ります!」と言い続けて点数が上がってきてる生徒

・よくわからんけど点数が上がってきてる生徒

 

どっちが印象がいいか。

 

 

 

やはり前者です。

 

 

学校って社会の縮図みたいなものですよね。

 

 

同じような結果・能力でも評価が違いますし、

ひいきだって存在します。

 

 

 

自分をアピールする能力も大切。

 

 

そんな話をしておきました。

 

おしまい。

頑張るのは夏から?

子供を変える「3つの要素」

関連記事

  1. 四ヶ月で135点上げる塾の指導方針

    2016.02.17
  2. 勉強ができない人と会社からいらないと言われる人の6つの共通点

    2015.05.16
  3. 自学で手が止まるときの対処

    2016.02.21
  4. 成績が上がらない4つの原因

    2016.04.05
  5. スケジュールって効果あるの?

    2015.05.17
  6. 板書の時にボーっとしてないか

    2015.07.07
PAGE TOP