Loading

BLOG

成績が伸びない要素

柳です。

 

今日は【さくら通信】からの引用です。

一部伏せ字になっていますが…

そこは塾生のみのヒミツです 笑”

 

成績が伸びない要素

 

昨日、中2のある生徒が自習室で席を立って話しかけに行っていましたので、

強制帰宅させました。

 

ジュースの持ち込みをしていて注意したばかりでしたし、

調子に乗るなと言うとアレですが…

まぁ、調子に乗るな、ですね。

生徒たちには、怒られるかどうかが行動基準になって欲しくありません。

 

・???

・???

・???

 

あまり大きな声では言えませんが

 

このような価値観を持つ生徒で、

成績の伸び悩みを解決できた生徒を、文字通り1人も見たことがありません。

誇張なしです。

 

上の3要素は誰もが大なり小なり持っています。

もちろん私にだってあります。

ただ、それが「大」であり、

周りから「そういう人」と見なされるくらいになっていると、

非常に厄介です。

 

・???

・???

・???

とかですね。

 

昨日注意した生徒はまだまだ「小」ですし、

これで良くなってくれれば問題ありません。

 

ピタッと規則を守ってくれるようになれば、

むしろ規則を破ってくれて良かったと思います。

 

でも、また同じようなことを繰り返しだすと…

今まで何度か見てきた、

お互いが悲しくなるようなパターンになる可能性があります。

 

成績が伸びない子どもが通るパターン

 

これ、おもしろいくらいに皆パターンが似通っているのですが

 

・ある程度学力が伸びる。しかも普通より早いペース

・突然ピタっと止まる

・勉強しても伸びない、むしろ下がる

・下に見ていたやつに抜かれて、「どうでもいい」になる

・周りに当たったり、ヤケになる言動が増える

・志望校も「どこでもいい」になり、落とす

(推薦で決まりそうなときは即推薦で決める)

基本こんなルートをたどることになります。

 

単純に私の経験則です。

これまでに4人、そんな生徒を卒塾まで見ましたが、

全員同じルートです。

 

そのうちの一人は8年間見てた生徒(小5から高3)でしたので、

何とかしたかったんですけどね。

当時は雇われでしたし、色々と限界がありました。

 

他にも要素を持つ生徒は何人かいましたが、

「???」という価値観の生徒、

基本的に私と合わないんですよね。

大体途中で辞めていきました。

 

生徒伝手でわかった範囲では、

どの子も成績伸び悩みで結局…でした。

 

要素を持っていても人間としておもしろい人はたくさんいます。

8年間見たその生徒とか私は大好きですし、友達も多かったですよ。

ですが、勉強となると圧倒的に不利です。

でもこれ、仕事でも一緒だと思うんですよね。

 

・???

・???

・???

 

 

別にそれで成績良いならいいんじゃないですかね。

でも、営業成績が微妙だったり悩んでいる人が、

「何か最近成績が微妙なんだよね…」って言ってたら…?

 

・・・。

 

今日は中2の授業ですので、そんな話を少ししておこうと思います。

 

 

追伸

尚、先の要素を持っていて、成績が良い生徒もいます。

皆天才肌で、ここぞの集中力・勉強量は凄まじいです。

 

彼らは周りの目を気にしません。

 

自分がやりたいようにやり、「結果が出ているからいいでしょ」

というスタンスです。

 

なので、

・???

・???

 

この2つを持っています。

「???」はありません。

 

やりたかったら怒られようがやりますし、

やりたくなければ意地でもやりません。

 

ですので要素を持っていれば学力が上がらないとは言いません。

 

ですが、伸び悩みがあるのであれば、

人の意見を受け入れないと無理でしょうね。

 

ちなみにこの「天才肌」の人たち、

いよいよのときはきちんと頭を下げて、教えを請います。

 

そういった意味ではある意味素直なのかもしれません。

 

ここが大きく違うところでして、

要素を持つ人って投げ出すんですね。

どーせ無理、と。

 

思うに「怒られるから」という

「逃げ」の価値観がそうさせるんじゃないのかなぁ、と。

 

ですので、自習室の使い方をきちんと守って欲しいです。

模試の順位について

特別講座でみっちり勉強!

関連記事

  1. 模試の順位について

    2015.09.25
  2. 福岡県理科入試問題分析

    2015.07.31
  3. 褒めることの大切さ

    2015.05.27
  4. 希望者には面談を実施

    2016.03.10
  5. 最近の報告

    2015.11.23
  6. 日曜講座を実施しました

    2017.05.09
PAGE TOP