Loading

BLOG

模試の順位について

柳です。

シルバーウィークは如何でしたか?

私は特別講座を実施したり、墓参りに行ったりと、

なんだかんだで忙しかった気がします。

今回みたいに連休が続くのは11年後との噂…

11年後は旅行に行きたいなぁ、とか思ったりしました 笑”

 

模試の順位について

模試の順位ですが、

「微妙に上がった」

「結構上がった」

色々と話を聞いています。

 

中1は二人共「微妙に上がった」とのこと。

 

中2は、何と30番くらい上げた生徒もいました!

残念ながら下がった生徒もいたようですが…

皆よく頑張ってくれました。

 

まだ全員に聞いていないので、、、

土曜日に聞いてみようと思います。

 

 

中3は

8人中6人は「上がった」

2人は「(覚えてないので)わからない」

 

とのことでした。

 

中3は、部活を引退して本腰入れて勉強する人も増えますので、順位が現状維持でも悪くはありません。

範囲も広いですし、しっかりほめて、自信につなげてあげてください。

(中3には昨日話をしました)

 

塾側としてみたら、「◯割の人が成績が上がった!」という視点になりますし、

数値だけ見れば、結構いい割合になるかと思います。

 

ですが、成績が上がらなかった本人にとっては、

そんなのどうでもいいですよね。

 

10割の割合で、成績が上がらなかった、となりますから。

「全員順位アップ!」

を目指して、より一層指導に力を入れます。

 

よろしくお願い致します。

 

さて、

「思ったよりも上がっていなかった」

という声を生徒からもらいました。

 

もしかすると、親御さんもそうお考えかもしれません。

ただ、、、

 

ここで、親がその言葉を言ってしまうと、子どもはとっても傷つきます。

頑張りを否定されるのと同じなのですから。

 

ですので、もしそのように思ったとしても、

しっかりとケアの言葉をかけてあげてください。

 

背景として、

・周りも勉強をしている

・勉強は短期で成果が出るものではない

・これまでサボっていた分を1ヶ月で取り返せるのか?

 

こういったことがありますよね。

 

まずは、上のようなことを理解させてください。

これは事実ですので。

 

そして、その上で、

 

「今回は順位こそイマイチやったけど、

自分が手を抜いた場所、頑張った場所、色々とわかったと思う。

手を抜いた場所を減らして、頑張ったところを増やそう。

そうして、ちょっとずつ賢くなっていこう。」

 

それから、

 

「定期考査は範囲が狭いから、頑張った分結果が出やすい。

手を抜かずに学校のワークとかしっかりやっていって、

次こそ順位をあげよう!」

 

このように声をかけてあげてください。

 

昨日から試験2週間前で、試験範囲も配られているかと思います。

中3の授業も学校のワークをメインに切り替えています。

(説明もほとんど終わっていますので)

 

中2のある生徒と

こんなやりとりがありました。

「今回下がった原因っち何かわかる?」

『試験前全然勉強してなかった』

「模試は範囲広いんやけ、前日ちょろちょろやってもそんな変わらんよ。

他に原因は思いつかん?」

『結構サボってました』

「そうか。んじゃもう中間で取り返して、

模試は勘違いよ、とか言うしかないね 笑”」

『はい 笑”』

「はやく部活と両立して!!! 笑”」

『はい 笑”』

 

こうして原因を言語化させるだけでも、本人の意識が大分変わります。

また、本人自身の口から言わせることで、勉強してないときに

「あんた自分で言いよったやないね。サボりよった、っち。

また同じような気持ちになりたい?」

 

とか言うと結構効き目があります。

 

模試の結果に一喜一憂するでなく、

次に繋がるようにしたいですね。

 

 

追記

前職で

「塾に行ってるから成績が上がって当たり前」

何度かこういう言葉を耳にしました。

親から言われた、という生徒もいましたし、

友達から言われた、という生徒もいました。

 

これって本人の頑張りを否定していますよね。

 

私も同級生から言われて、

ひどく傷ついた記憶があります。

 

こういう言葉を言われ続けていると、

一度成績が落ちると、あっという間に自信を無くします。

 

そして、更に成績を落とします。

やる気を奪うでなく、引き出す言葉をかけ、

そして、守ってあげたいですね。

塾の顔と家の顔とは全然違う

成績が伸びない要素

関連記事

  1. 半年で135点UP

    2015.11.26
  2. 宿題をやってこない

    2017.03.11
  3. 頑張れ中3!

    2015.07.22
  4. 福岡県理科入試問題分析

    2015.07.31
  5. 指示待ち人間製造方法

    2015.06.23
  6. 子供の学力を上げるために親ができること

    2015.04.30
PAGE TOP