Loading

BLOG

答えを見るのは悪いこと?

永犬丸組は試験も気づけば来週となってしまいました。

皆もくもくと勉強に取り組んでくれています。

試験勉強が通常時と大きく異なるのは…
やはり国語でしょうか。

「教科書から答え探すんやないで、◯◯◯◯」
「んで、そのあろ、何回も◯◯すると」

Mちゃんにこう伝えたとき、とても驚いていました。

答えを見ることは悪いこと、
こう考えている子供は非常に多いです。
親御さんにも多いです。

今いる生徒のうちの何人かはその考えが非常に強かったため、
それを取り払うのにかなり苦労しました。

長年かけてできあがった思考は、
変えていくことが本当に大変です。

さて、実は時期と学力、目的によって勉強の方法は異なります。

答えを見てはいけない、というのは…
公立高校目指すうちは一切関係ない話です。
とにかく基礎、暗記が一番です。

応用力もクソもありません。
暗記です。

今日、中3の女の子から
「先生、相似の授業をしてください」と言われました。

曰く
「書いてあることはわかるけど、その発想が出てこない」
とのこと。

至極真っ当な意見のようですが、よくよく考えてみてください。
なぜその発想が出てこないのでしょうか?
どうすれば、その発想が出てくるようになるのでしょうか?

どうすれば、「問題を見たら解き方が浮かんでくる」のでしょうか?

1.解き方を覚える
2.類題を見て「あぁ、類題か」と気づけるようになる
3.数字を変えて解けるようになる

解けるようになるにはこのような手順を踏む必要があります。

今回は
・難しめの問題のため、類題が出る可能性は低い
・相似の問題
・入試にはほぼ出題されない問題
・証明は考え方が難しい
 (答えを仮定して逆算して考え、それでイケると思ったら手順を逆にして証明していく)

こういった状況ですので、
「よくわからんでもいいけ、何回も書いて練習しよう」
と伝えました。

勿論、
『こうこうこういった考えで、こうなる』
というのは説明しました。

ですが、理解できても
「だから、何?ふーん」となる場合がほとんどです。
※今回もそうでした

三角形の面積求める公式がなぜああなるかなんて、
別に知らなくてもいいわけです。

そのときそのときにあった勉強方法でまずは結果を出していき、
そこから高みを目指すというか、理解を深めたい人は頑張ればいい訳です。

そうでないとおもしろくないですし、やる気もでませんから。

【日曜講座について】
申込人数が最少催行人数を超えましたので、
講座開催は確定となります。

日時は11月15日(日)
9:00ー18:55(お昼休憩あり)です。

締め切りは12日までとなっておりますのでご注意下さい。

それでは!

特別講座でみっちり勉強!

頑張っています

関連記事

  1. 定期考査の結果が悪かったときに

    2017.10.17
  2. 頑張るのは夏から?

    2015.04.24
  3. 世界が注目の絶景スポットin北九州

    2015.05.02
PAGE TOP