Loading

BLOG

子供だから許される、という訳ではない

ある日のこと。

なんボーッとしよるんね。はよ答え合わせせんね。
子供
答えありません。
持って来てないと?今月はもう答え貸さんっち約束やけん、貸されんよ

そう言うと、無言でカバンをあさり…答えを取り出したA(仮名)。

確認もせんで「ない」とか言ったら感じ悪いばい。

そう言うも、こちらを無視して答えを眺めるA。

今、Aに言いよるんやけど。話聞いちゃらん?

無視。

A。


無視。

A!


無視。

という訳で、呼び出して話をしました。

先生、あの態度結構カチンと来たんやけど

と。

「何様のつもりか知らんけどさ、さっきのはとっても感じ悪いよ。
相手に対する敬意が一切感じられんやったし、何か俺に気に食わんことでもある訳?
あるなら今言って。筋が通ってれば謝るし直す。

これに関しては今何言っても礼儀がどうこうとかはないけん、気にせんで言っていいよ。
何かある?

・・・。

それとも、学校で何か嫌なことでもあった訳?

・・・。

なんとなく俺のことが気に食わんとかなら、塾に来んでいい。
この塾は先生俺しかおらんけん、嫌なやつから学んでも身につかん。

そういった理由がないんであれば、二度とあんな態度は許さんばい。
人に注意されよるのに、目も合わせんで無視するとか、他人に対してやっていい態度じゃない。

俺だけじゃなくて親にも友達にも、誰に対してもあんなん絶対にやったらいかんよ。」

と。

何か事情があったとしても、【最低限の礼儀】というものがあります。

そして、相手に敬意を払うことは最低限の礼儀ではないでしょうか。
腹が立っても超えちゃいけないラインがある、そういった話をしました。

尚、当塾では塾則に「怒られて腹が立っても、帰るときにはきちんと挨拶をしましょう、お礼を言うべきときには言いましょう」があります。

土曜日は休み、数学は大体終わり

日曜講座を実施しました

PAGE TOP