Loading

BLOG

ファンレターを頂きました。

先日、地域のお母様から応援のメールを頂きました。

とっても嬉しかったのと同時に、非常に大切なことが書かれていました。
紹介の許可を頂きましたので、ここでご紹介致します。

地域のお母様からのメール

初めまして。突然のメール失礼致します。

御塾があるのは前を通るので知っていたのですが、
ラインからブログを拝見させて頂いて… 
全部読んだわけではありませんが
生徒さんへの愛がたくさんですね!

そして、すごく共感しました。
よその塾とは方針が少し違うように感じます。
先生の想い、志しで指導できているのでしょうね

うちは子どもはもう大学生と高校3年生になるのですが
高校受験、大学受験 経験してみて、しみじみ自学の大切さ感じます。
小学生のうちから自学自習 身につけさせてあげられたらどんなによかったか
親の責任だと痛感した事何度もあります。

特に上の子、かなりひどい成績から上位の高校にいけるまで塾で伸ばしてもらったものの
高校ではどう勉強していいのかわからなかったのだと思います。

国公立で行ける大学はありませんでした。
予備校で一浪して、朝8時から夜10時まで勉強を1年間続けてようやく
行きたかった国立大学の大学生になれました。
今は県外で大学生活を楽しんでいます。

母が思うには いい授業を受けたからではなく、
体調悪くても、休みたくても、毎日毎日自習室で勉強したからだと思います。

下の子は、小学生の時からあまり勉強しなくてもなぜかできていましたので
塾にお任せで、ほったらかしていました。
公立志望校の模試の 判定はいつもAかB
余裕かと思っていたら、見事に落ちました。
結局は勉強の仕方がわかっていなかったと思います。

しかし、今、自分で組んだスケジュールで自学自習しています。
どうしても行きたい大学があり、上の子の苦しい浪人生活を見ていたので猛勉強しています。
公立高校のように大量の毎日の課題が出されないので、
自分で考えて勉強ができるので、下の子には私立が合っていたのかなと思います。
でも、夏休みは宿題を大量に出された教科があり、しかも解答が配られないので
それは夏休み中は無視して、解答が配られてからやる
という強硬手段を取っているようです。
怒られるやろ と言いましたが、気にしないそうです。

受験は何がおこるかわからないので、吉と出るか凶と出るかはわかりませんが
自分で考えて、自分で勉強 これができるようになっているので、
いい方向に向かっていると信じています。

地域の中学生の将来のために自学できる子をたくさん育てて
頑張ってください! 応援してます!

乱文失礼しました。

成績さえ上がればいいのか?

私はよくこのように言います。

塾から言われたことだけやってもダメよ!
塾に頼らずに利用する!言われたことはさっさとこなして、
+αで自分が必要なことを自分で考えてやる!

何したらいいかわからんやったら相談においで!!

と。

また、授業中、私から言われたことが終わって手持ち無沙汰にしていれば、

ボーっとせん!自分で何するか考えるばい!


との声もかけます。

一から百まで指示は出しません。
自習のときにも「今日やることある?何する?」と聞くことがよくあります。
※こちらで課題を準備することも、勿論あります

塾が全て準備すべきでしょうか?全て指示を出すべきでしょうか?
そのための塾なんだから、そうして当たり前、でしょうか?

特に上の子、かなりひどい成績から上位の高校にいけるまで塾で伸ばしてもらったものの
高校ではどう勉強していいのかわからなかったのだと思います。

国公立で行ける大学はありませんでした。
予備校で一浪して、朝8時から夜10時まで勉強を1年間続けてようやく
行きたかった国立大学の大学生になれました。

母が思うには いい授業を受けたからではなく、
体調悪くても、休みたくても、毎日毎日自習室で勉強したからだと思います。

下の子は、小学生の時からあまり勉強しなくてもなぜかできていましたので
塾にお任せで、ほったらかしていました。
公立志望校の模試の 判定はいつもAかB
余裕かと思っていたら、見事に落ちました。
結局は勉強の仕方がわかっていなかったと思います。

2人のお子さんの受験を経験したお母様の、率直な感想です。

大切なことは
・自分のことは自分で考えること
・授業ではなく、自学こそが成績アップのコツ

ということです。

周りが準備をしてそれをただただこなすような勉強法だと、
なかなかそういった発想にいきつきません。

そうなってしまうと、その、「周り」に合わせられなくった途端に、
何をしたらいいのかがわからなくなります。
追い抜くことは勿論のこと、追いつくことすら困難になってしまいます。

そこから意識を変えて頑張っていくのは、並大抵のことではありません。

背景は存じ上げませんが、(恐らく)「大学受験で手も足も出なかった」という経験をして、そこから奮起して、
毎日長時間の勉強を、1年間継続したという上のお子さん、本当に凄いです。
心の底から尊敬します。

下の子も、「不合格」という経験があったからこそ、自分で考え、計画を立てて勉強を進めるという「理想の勉強方法」が身についているのだと私は思います。

大学受験は心配ないですし(本人に任せていて大丈夫です)、結果がどうなったとしても、本人は物凄く成長すると思いますよ。

こういった成長を目の当たりにする機会は貴重ですので、
親御さんが羨ましいですね。お子さん2人とも、いい受験をされています。

お子さんの心境の変化やきっかけも聞いてみたいものです。

勉強のやり方を早くに身につけるために

勉強内容が高度になっていくにつれ、考えや方針によって、結果が大きく異なるようになります。
そして、サポートしてくれる人や量は少なくなっていきます。

つまりは、自分で考えて勉強に臨まなければならなくなるということです。

当塾では以下のような形で、自学習慣の定着を目指しています。

自学ベースの自習

授業は
1.最初に解説(5分から10分)
2.各自で問題を解いてもらう
3.終わったら自分で丸付け
4.個別で間違えた問題の確認・質問
5.問題なければ類題を解く

こんな感じです。
取り組み方がマズイ場合は、「こうした方がいいよ」という話をします。

自習で自学力を高める

また、自学の定着を図るために、
・「自習の日」がある
・自習室で自習をしてもらう
・自習時間が一定数を超えると、アイスをおごってもらえる

このような取り組みをしております。
自習をしていてわからないところがあれば、聞きにきてくれれば答えています。

これは自習に限ったことではありませんが、解説はわかるまでやっています。
解説が理解できなければ言葉を変えて、また説明します。
わかるまでその繰り返しです。

短期間で成績を上げた生徒にコツを尋ねると、皆同じようなことを言います。
その中の1つに
「言われた通りにやる」
というものがあります。

この「言われた通り」というのは、「何をやるか」ではなく「どうやるか」です。

通塾を通して、勉強のやり方を身に着けてもらい、
卒塾後の、長い人生に活かしてもらいたい。
振り返って考えてみたときに、
「そう言えば、塾で言われたやり方がきっかけだ。通って良かった」と、思ってくれれば、
こんなにうれしいことはありません。

そんな風に考えながら、日々、子どもたちに接しております。

興味がありましたら、まずは下記番号へ体験授業のお電話をください。

通知表をもらったら

定期考査の結果が悪かったときに

関連記事

  1. 褒めることの大切さ

    2015.05.27
  2. 日曜講座を実施しました

    2017.05.09
  3. 通知表をもらったら

    2017.07.14
  4. 性格に応じたアドバイス

    2016.10.19
  5. 自学で手が止まるときの対処

    2016.02.21
  6. 希望者には面談を実施

    2016.03.10
PAGE TOP