Loading

BLOG

子供のテストの点数が安定しない

0 28

 

塾長柳です。

 

 

「塾に通わせたはいいものの、成績が思いのほか上がらなかった」

なんて経験ありませんか?

 

 

今日はそれに関するお話を。 

 

子供の成績が思いの外上がっていなかった

 

 

昨日、ある生徒が「先生、俺自信無くしました」と言っていました。

 

 

聞けば、結構解けたと思っていた数学がかなり悪かったとのこと。

 

『そう。でも多分ね、ミスはしょぼいミスばっかりやったと思うよ。

間違えた問題、どんなミスしとったか確認した?

多分ね、しょーもないミスばっかと思うよ。

それがなかったら7割くらいとれたんじゃない?

回答見てないけわからんけど。まず見直ししてみて』

 

 

と伝えました。

 

 

生徒には以前伝えましたが

得点率が8割を超えるには「壁」があります。

 

そうですね、20点くらいは平気で上下しますね。

70点取れる力があっても、50点くらいまでは下がる可能性があります。

 

 

5割以上の得点が取れるようになると、

解ける問題が増えてきますよね。半分以上正解できる訳ですし。

 

ここで驕りが出てきます。

 

 

「なんだ、自分は結構できるじゃん」

 

 

『そうそう、そのとおり!!』と言いたいところですが

ここでついつい手を抜いちゃうことがあるんですよね。

 

 

「大体できるし、こんなもんでいいか」と。

 

 

すると、

「いつもより理解できているハズなのに、いつもより点数が低い」

なんて現象が起きてしまいます。

 

 

80点を超えるまではなかなか点数が安定しない、

このことを頭にいれておいてください。

(一回超えると結構安定します)

 

ただ、理解できている問題は増えていますので、

解説を聞かずに解ける問題や、

「あー!そうか!」と思う問題も増えています。

 

 

という訳で、必ず「学校のテストの解き直し」をさせてください。

そのあと、

・自力で解けた問題

・自力では解けない問題

 

をしっかりと確認させてください。

それをすることによって「自分のツメの甘さ」を自覚することができます。

(そして、今の生徒の学力からすると、ほぼ全員「暗記不足」が課題となるかと思います)

 

 

テストの見直しは、率直に言えば点数に直結しません。

同じ範囲の問題はもう出ませんし。

 

ですが、それをすることによって、勉強への姿勢が変わってきます。

 

 

大事です。

 

 

では!

子供の学力を上げるために親ができること

世界が注目の絶景スポットin北九州

関連記事

  1. スケジュールって効果あるの?

    2015.05.17
  2. 四ヶ月で135点上げる塾の指導方針

    2016.02.17
  3. 勉強ができない人と会社からいらないと言われる人の6つの共通点

    2015.05.16
  4. 子供の頭が良くなる教え方

    2015.05.13
  5. 板書の時にボーっとしてないか

    2015.07.07
  6. テストしないなんてありえない

    2017.06.17
PAGE TOP