Loading

さくら柳塾について

考え

さくら柳塾は次のような考えで、子供たちを指導しています。
入塾を検討される方は、ご理解の上お問い合わせください。

 

質問することが大事

さくら柳塾は「質問をしなければ成績は上がらない」と考えています。

ですので、可能な限り質問がしやすい環境と授業を維持しています。

例え解説中であってもわからなければ質問ができますし、
解説の合間に何度も「ここまでで質問ない?大丈夫?」と確認の声かけをしてもらえます。

解説が終わって問題を解くときにも質問はできますし、休憩時間にもできます。
自習に来て、休憩時間に質問をする生徒も多いですよ。

 

授業は子供に合わせる

学校のようにスケジュールを決め、その通りに授業があるのであれば、
それに付いて来られる生徒は成績が上がりますが、そうでない生徒は上がりませんよね。

さくら柳塾では生徒の理解度・定着度、学校での進度に合わせて授業内容が決まります。

確認テストの結果が悪い場合は再度解説や見直しの時間を取る場合もありますし、
生徒から「先生、△△をやって欲しいです」との声があれば、
その日の授業が急に変更になることもあります。

また、「◯◯、学校の授業はどう?授業でやって欲しいところとかある?」
塾生たちはこのような声をよく掛けられ、要望を言えば、可能な限りそれは授業に反映されることになります。

 

自分で勉強できるようになって欲しい

さくら柳塾は「さくら柳塾で勉強のやり方を学んで、将来に役立てて欲しい」と考えています。

勉強は高校入試だけでなく、就職のとき、資格を取るときにも必要ですし、
もっと言えば一生続くものだからです。

自分で勉強をするようになるためには、
「勉強のやり方がわかる」
「机に向かって勉強をする意志がある」
この2つが必要です。

勉強のやり方に関しましては、
「塾の印刷物を使わずに勉強できる」
「効率のいいやり方で勉強できる」
このような視点で指導をしております。

また、勉強する習慣を付けるために、
「自習室の開放」
「自習の時間」
このような施策を行っております。

「自習室の開放」についてですが、開塾中は自習室を好きなように利用できます。

自習時間はタイムカードにより計測しており、
自習時間が規定の時間数を超えれば「ごほうび」があります。

「自習の時間」は、中1・中2は指定の曜日に必ず自習に来てもらっています。
(中3は自習の時間はありません)

自学ができるようになることは、簡単なことではありません。
「自学しないこと」が習慣になっており、その習慣を持ったまま長年過ごしてきているからです。

当塾では段階的に考えており、

塾の授業で勉強する

塾の自習室で勉強する

家で勉強できる

このような流れを狙っております。

ちなみに、全く勉強をしなかった子が、一ヶ月で66コマも自習に来た例もございます。
(毎日塾に来て、授業以外は常に自習をしている状態でした)

 

思考を変えることで成績が上がる

成績を上げるためには何が必要でしょうか。

わかりやすい授業、は言うまでもありませんが、
それよりも「勉強に対する考え方(勉強への姿勢)」から変えていくことが重要だと当塾は考えています。

・宿題はきちんとこなさないといけない
・試験勉強は◯◯から始めないといけない
・わからないところは解決していかないといけない
・自分が勉強しないと成績は上がらない

などですね。

さくら柳塾では勉強だけでなく、そういったところからの指導も致しております。

 

ですが、考え方を変えるには非常に時間がかかります。

かといって、強制力を持って子供の行動を制限・指定すると、
その強制力が無くなったとき、子供はこちらの願っていた行動をとってくれなくなります。
場合によっては、正反対の行動をとってしまうこともあります。

そのため、当塾では指導を長期的視点で行っております。

同じことを何度も、わかるまで言いますし、それが当然だと考えております。

PAGE TOP